ニキビにならない!美肌を目指すニキビ予防方法とは?

顔が「ニキビだらけ」にならない方法があれば、知りたいところ。しかしニキビだらけの顔になってしまう原因は、日頃の生活習慣が原因だったりするのです。だからこそ、ニキビを防ぐようなケアを取り入れたいですよね。

ニキビにならない方法ってないのかな?

「ニキビにならない方法って、ないのかな…」と考えたことのある方もいるでしょう。顔にニキビが1つでもあるだけで、ついついニキビを隠すような厚塗りメイクになってしまいます。今回は日々の生活で意識できる、ニキビにならないような方法をご紹介。

ニキビの原因は何か

思春期ニキビと大人ニキビの違い

実は思春期ニキビと、大人ニキビには違いがあります。

・思春期ニキビ

10代の「思春期」にできるニキビのことを指します。成長期によって、皮脂分泌が過剰になることが原因で、発生すると言われているのです。体を作るために、成長ホルモンが分泌されるのですが、これが皮脂腺を刺激し、毛穴が詰まってしまうのです。

・大人ニキビ

思春期を過ぎて、大人になってできるニキビのことを指します。原因は1つに絞れないのが特徴です。睡眠不足・飲酒や喫煙・不規則な食生活が原因とされているのです。

ニキビがなくならないのはなぜ?

薬での治療は対症療法に過ぎない

薬などの抗生物質は、アクネ菌を殺菌し、炎症の原因を取り除くものだと言われています。しかし、炎症を柔和するだけであって、ニキビそのものを治療するものではないのです。対症療法として、一定の効果は期待できますが、長期的な視野で考えると効果は限定的だと言われているのです。

今あるニキビを治すよりも予防が大切

今肌にあるニキビを治すことよりも、これから新しいニキビができないような「予防」をすることが大切なのです。みなさんは、新しいニキビができるとどんな予防を行っていますか?

ニキビを「予防する」には

そこでニキビを「予防する」具体的な方法をご紹介したいと思います。ニキビができてしまってからでは、遅いのです。日頃の「予防しようとする習慣」が大切です。

正しい洗顔方法ー感想を防ぎ皮脂の過剰分泌を避ける

洗顔をするのには、「酸化した皮脂」「汗やホコリ」を取り除く意味があるのです。だからこそ、正しい洗顔方法をマスターする必要があります。

【正しい洗顔方法】

  1. ぬるま湯で顔をすすぎます。こうすることで毛穴を開かせ、より毛穴の汚れを落ちやすくさせましょう。
  2. 洗顔料をよく泡立てましょう。泡で洗ってあげることで、毛穴の汚れを取りやすくするのです。
  3. 皮脂の多いTゾーンから優しく泡で洗っていきます。額に泡をのせ、徐々にこめかみ部分に広げます。最後に毛穴の多い鼻部分を洗っていきましょう。
  4. 最後に皮膚が薄くデリケートな目元・口元を洗います。

保湿をしっかり

また、スキンケアで行う「保湿」もしっかりと行っていくことが必要なのです。正しい保湿方法もご紹介します。

【正しい保湿方法】

  1. まずは化粧水で、肌の角質層まで「潤い」を与えます。商品に記載されている量を、2~3回に分けて肌に塗りましょう。この時、手のひら全体で覆う「ハンドプレス」を行うと、より浸透力が増します。
  2. 次に「保湿効果」がより期待できる、クリームを塗っていきます。この時、皮脂の多いTゾーンにはなるべく少なく塗ったり、皮膚の薄い目元・口元にはたっぷり塗ったりと工夫して塗ることが必要です。

美肌を作る生活習慣ー内側からニキビ予防

美肌になるためには、日頃の生活習慣を見直す必要があります。その中でも今回は、内側から綺麗になれる美肌に効果的な「食事」をご紹介します。

・豆類

豆腐・味噌・納豆と言った、豆類は美肌には欠かせません。肌を作っている「タンパク質」が豊富に含まれているからです。

・海藻類

わかめ・昆布・ひじきと言った、海藻類も美肌に欠かせません。美肌に効果的な「ミネラル」を豊富に含んでいるからです。

・緑黄色野菜

やはり、健康的な体を作ってくれる「野菜」は絶対に欠かせません。特に、人参・ピーマン・かぼちゃと言った、緑黄色野菜は大切です。肌をサビつかせてしまう活性酵素を取り除き、若々しい肌に導いてくれるでしょう。

生活習慣を見直す

睡眠不足

睡眠不足になってしまうと、質のいい睡眠をとることができません。質のいい睡眠というのは、22時〜2時の「ゴールデンタイム」には就寝していること。このゴールデンタイムには、成長ホルモンを活性化してくれる効果があります。肌の新しい細胞を作ってくれるターンオーバーが効率よく行われるのもこのゴールデンタイムなのです。

ストレス

ストレスを受けてしまうことで、ホルモンバランスを崩れやすくしてしまいます。ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが優位になってしまうと、皮脂の分泌が盛んになってしまい脂性肌になるので、ニキビができやすい肌になるのです。

食生活

肌にいい栄養だけを摂ろうとせず、食事のバランスを考えた生活を行いましょう。例えば、ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝を促進してくれるので、皮脂の分泌を整えてくれるのです。またビタミンB6は、新陳代謝を助けてくれ、肌荒れ・脂性肌を予防してくれるのです。

適度な運動

やはり適度な運動は欠かせません。運動を取り入れることで、全身の血流が良くなります。血液の流れが良くなると、体の隅々にまで栄養が運ばれるのです。これによって、肌の生まれ変わりであるターンオーバーも促進されるのです。

ニキビにならないためには生活週間の見直しが第一

ニキビにならない方法をご紹介しました。やはり、日頃からニキビを予防するような生活習慣が欠かせません。「ニキビをなくしたい!」と思う方は、日頃の生活習慣を見直してみませんか?今回ご紹介したことを、参考にしてください。