ニキビを治すのに効果的な塗り薬はどれ?おすすめ市販薬5選&処方薬5選

ニキビを治す薬には色々なものがあります。ニキビは多くの方が抱える肌のトラブルの1つで日頃の生活習慣が関係してきます。ニキビケアは痕を残さないためにも早い段階で行っておくのがおすすめです。そのためにも薬が必要になってきます。

出来てしまったニキビは薬で早く治したい!

思春期の頃から肌のトラブルといえば何が思いつきますか?そう聞かれると、多くの方がニキビと答えると思います。ニキビを治すには普段の生活の改善だけでなく、薬の力を借りることも重要です。今回はニキビの治療薬を厳選して紹介していきます。

ニキビの種類

ニキビの薬を早速紹介と行きたいところですが、ニキビには一体どんなものがあるのか紹介していきたいと思います。

白ニキビ

白ニキビはニキビの初期段階のものです。毛穴に皮脂が詰まっている状態で、そこから黄ニキビや赤ニキビといったものに発展していきます。シャンプーやリンスを落とし切れていない、ターンオーバーやホルモンバランスが乱れていることで発生します。この段階でいかにニキビケアを行っておくかが重要です。

赤ニキビ

赤ニキビは炎症を起こしている状態のニキビです。皮脂の分泌量が過剰になり、アクネ菌が繁殖しやすくなります。アクネ菌は皮膚を刺激して炎症を引き起こします。この段階になると重症と言えるので、適切な治療が必要です。

黒ニキビ

黒ニキビは毛穴に詰まった皮脂や汚れが酸化により黒く変色したものです。いちご鼻というのを一度耳にしたことがあると思いますが、あれは鼻の毛穴に皮脂等が詰まって酸化を起こした状態のことを指します。下手に取ると、毛穴が開いて更なるニキビに発展してしまうといった可能性も出てくるので、適切なケアを行わないといけません。

黄ニキビ

黄ニキビはニキビが化膿して黄色い膿が出た状態のものを指します。赤ニキビが悪化することでできるもので、痕が残ったりする場合もあります。アクネ菌に加え、黄色ブドウ球菌が働くことで炎症が酷くなっていきます。この段階になると、潰したりするのは以ての外で、薬等の適切な対処が求められます。

ドラッグストアで買える!おすすめニキビ市販薬

本題のニキビの治療薬について紹介していきます。ここでは、ドラッグストアで市販されているものにスポットを当てていきたいと思います。

①オロナイン

オロナインの特徴

知る人ぞ知るニキビの治療薬で、TVのCM等でご存知ではないでしょうか?抗炎症作用を持っており、背中や胸にできた赤ニキビを抑えるのに効果的です。ステロイドが使われていない点も注目しておきたい部分になっています。

オロナインの口コミ

ニキビに盛るように乗せて上からふわりと絆創膏を貼ってベッドシーツ等に着かないようにして寝てます。翌日にはニキビが目立たないようになっている事が多いです。

(引用元:cosme.net

②テラ・コートリル

テラ・コートリルの特徴

ステロイドが含まれており、赤ニキビや黄ニキビといった炎症を伴ったニキビの治療に有効です。効果は高いのですが、副作用が強く出る恐れもある治療薬となっています。そういったことを踏まえると、患部に適量塗るということが大切です。

テラ・コートリルの口コミ

ニキビの上にたっぷりのせて

その上からテープを貼って寝ると

次の日にはマシになります!

(引用元:cosme.net

③クレアラシル

クレアラシルの特徴

ニキビケアを行う際、多くの方がクレアラシルを利用しているのではないでしょうか?ニキビの原因でもあるアクネ菌をしっかり殺菌してくれます。初期段階でもある白ニキビを始め、黒ニキビや赤ニキビの治療に有効です。ニキビができ始めた頃に使ってみるのをおすすめします。

クレアラシルの口コミ

お風呂あがりのすっぴんに、赤いニキビが恥ずかしく、旅行の時など友達にすっぴんを見られるのが嫌でしたが、肌色だと寝る前までごまかせます!

(引用元:cosme.net

④ペアアクネクリームW

ペアアクネクリームWの特徴

弱酸性で植物のほのかな香りがします。炎症症状の見られる赤ニキビや炎症に至っていない白ニキビと黒ニキビの治療に有効です。塗った上からでもメイクができるのもオススメできるポイントとして挙げられます。

ペアアクネクリームWの口コミ

何年も使用しています。小さなにきびや赤ニキビはだいたい治ります。

(引用元:cosme.net

⑤ケシミンクリーム

ケシミンクリームの特徴

メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを作らせないことで知られています。肌のターンオーバーを整えてくれるので、ニキビ跡の治療におすすめです。

ケシミンクリームの口コミ

時間をかけてくすみを取ってくれる美容液としては頼れる存在だし、保湿効果も高いので、今では欠かさず毎日塗っています。

(引用元:cosme.net

皮膚科でもらえるのはどんな薬?おすすめニキビ処方薬

ニキビで困った際は皮膚科を受診するのもありです。その際、治療薬を処方してもらうことになると思います。ここでは、処方されることになる薬の特徴を紹介します。

①ダラシンTゲル

ニキビの治療に用いられる薬の1つで、アクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌する効果があります。赤ニキビに用いられます。

②ディフェリンゲル

2008年に認可された治療薬で思春期のニキビに効果的です。白ニキビや黒ニキビを中心に処方されます。毛穴が狭くならないようにして、ニキビが酷くならないようにするのですが、副作用で乾燥や紅斑が起きたりします。そのため、肌の保湿も心掛けないといけないです。

③アクアチムクリーム

赤ニキビのような炎症の伴ったニキビに効果的です。化粧水タイプのものもあれば、クリームタイプのもの、半固形状のものの3種類が存在しますが、クリームタイプのものがよく処方されています。

④デュアック配合ゲル

2015年の治療薬で赤ニキビに有効です。アクネ菌等の殺菌だけでなく、角質を改善する効果も持っています。

⑤ベピオゲル

アクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌するだけでなく、角質のターンオーバーを促す効果も持っています。白ニキビや黒ニキビといった初期段階のニキビに有効です。

自分に合った塗り薬でニキビを治しましょう!

ニキビを治す薬は沢山あり、自分に合ったものを選択することが重要です。市販のものだと、成分や口コミ、どういったニキビに効果的かをしっかり見ていくことが求められます。もし、不安だなと思った際は皮膚科に駆け込む選択肢もありです。